読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【まとめ】シリア情勢

時事

トルコ軍機がロシア軍機をシリア国境で撃墜してからというのも、

シリア情勢が混迷を極めてきました。

 

ここで一度、状況を自分で整理してみました。(ほんと簡単にです。)

 

▶関係当事者

アメリカ「俺はアサド嫌いだから。」

英仏「ISのやつら許せん。」

ロシア「仲良しアサドくん、助けなあかん。」

トルコ「ISうっとうしいな。トルクメン勢力いじめやがって。でも石油安く買えるな。」

シリア「反政府組織だまれ。ISのやつら勢いよすぎじゃね?」

反政府組織「打倒アサド!」

IS「支配領域広げる。目指せ最大範図。」

 

▶流れ

1.独裁政権のアサド政権(アラウィ派。少数派)が自国民(スンニ派。多数派)を弾圧。内戦。化学兵器使用?

2.アメリカが化学兵器使用した(とする)アサドを批判。欧米は反政府組織支援。ロシアは冷戦時代からの付き合いでアサド支援。

3.その間、IS(アルカイダ系)がイラクとシリアで着々と勢力を広げる。人質殺害やテロで世界中を敵に回す。

4.2014年9月、アメリカがシリアのISに対して限定的空爆に踏み切る。

5.2015年10月、ロシアがIS空爆を開始。反政府勢力も空爆(しているとされる)。

6.2015年11月、フランスでISでが同時テロ。フランスがIS掃討を決意。アメリカも本腰。英米仏露が一丸となってIS掃討に乗り出す。(か、に見えた)

7.トルコが、領空侵犯した(とされる)ロシア機を撃墜。→今ココ。

 

トルコが英米仏(NATO)露の大連合を阻止した形に見えますが、トルコの本意はどこにあるのでしょうか。

 

今後は本気でロシアがトルコに報復するか、が焦点になります。

jp.reuters.com

 

 ウクライナ問題では勝利したロシアですが、さすがにNATOと戦火を交えることをプーチンはしないと思いますが、、、大国の思惑が交錯します。

引き続き状況を注視したいと思います。